製品の電磁波耐性をチェックする、EMC試験とは

EMC試験ってどんな試験?

EMC検査とは、電気機器などに対して行う耐性試験のことです。機械の内部と外部から生じる妨害電波に対して、その機能や動作が阻害されていないかどうか測定する試験になります。電気製品や電子製品を製品化したり海外展開したりする際に、国内外の認証に適合するために受ける試験です。製品自体が発する妨害電磁波をチェックするエミッション試験と、周囲の電気製品や太陽などの自然現象による外部からの電磁波への体制をチェックするイミュニティ検査に大別されます。

EMC試験は、試験自体に高度な技術が必要

EMC試験は、電磁波と言う目に見えないものを計測する検査です。そのため検査自体に高い技術力が必要となります。そのため、検査は自社で行うのではなく、専用施設や専門技師を擁する検査企業に依頼することになります。積み重ねた実績やノウハウを元に、精密な検査を行ってくれます。幅広い製品に対応している企業がほとんどですが、それぞれ一般電化製品、大型設備、医療機器など売りにしている分野があります。防衛や宇宙産業に強みを持った検査企業もあります。

会社の目的に合わせた検査機関を選ぶ

EMC試験を依頼する先の企業を選ぶ際は、自社が試験に対してどのような目的を持っているか認識しておく必要があります。製品の海外展開を目指しているのであれば、その国の認証機関から認定を取得している企業を選ぶことが大切です。認証支援を行っているところも多くあります。EMC試験を始めて依頼するというときは、試験だけではなく製品設計アドバイスなどのサポートを行っている企業を選べば、試験後の対応がスムーズに行えます。

EMC試験とは、Electro Magnetic Compatibilityの略であり、電磁両立性という意味を持ち、認証試験や製品設計へのアドバイスを行います。