LED照明のメリットとデメリットについて

何と言っても電気代節約

LED照明は、他の照明と比べると電気代が安いのが最大のメリットですね。蛍光灯のように紫外線を含んでいないので、虫が寄ってこないのです。紫外線は、美術品や骨董品などの劣化を早めます。いろいろな発色が選べますので用途によって変えられます。集中したいときは、蛍光灯色、リラックスしたいときは、白熱灯色と自由自在です。衝撃にも強い特性を持っていますので、地震などの災害に落下しても壊れにくいのでいいですよね。これだけの特性を持ちつつ電気代が安いのがいいですよね。

デメリットについて。

LED照明は、良いところが目立ちますがデメリットもあります。目が疲れやすい、気分が悪くなるという方もいます。他の照明と比べるとブルーライトを多く含みます。寝る前などはあまり浴びないようにしましょう。方向にとって明るさにばらつきがあるので家具の配置などは工夫が必要になります。特性を解く理解して使用する必要があります。高熱、換気の悪いところは、適しません。重量が他の機器より重いため、落下防止器具の取り付けなど注意が必要です。

今後の開発には、期待が持てます。

LED照明の開発が進んでいます。窓のない部屋に光を送るシステムがいいですね。LEDライトとプラスチックシートを組み合わせて天窓から太陽が降り注ぐかのような光が部屋を照らします。光の強さは、3段階あって強い光の熱帯地方、柔らかい光の地中海地方、少し暗めのノルディック地方などがありますよ。なんか楽しいですよね。光の入らない地下室などにいいですよね。デメリットもだんだんに改良されていきエコで使いやすいLEDが開発されていくでしょう。楽しみです。

LEDライトパネルの場合、夜間でも存在を目立たせることが可能なので、より効果的な集客につながるというメリットもあります。