ふるさと納税はがんばれを送ることができるエール

あなたの気持ちを送ることができるシステム

ふるさと納税と聞くと、自身の故郷にエールを送るために納税として貢献するシステムであることを容易に判断することができますよね。住んでいない地域には、現状のシステムでは納税をすることができません。気に掛けている故郷の気持ちを、納税として表すことができます。その見返りとして、その故郷の特産を受け取ることができます。自治体によっては、納税した以上の特産品を受け取ることもでき、そのような点からふるさと納税をする地域を決めることもできます。

それに決められたルールはない

ふるさとと書いていることで、自分の生まれ育った故郷を想像してしまいがちですが、そのような決められたルールはありません。自分の好きな街に納税できるシステムです。以前訪れた街が気に入っているのであれば、その自治体にふるさと納税をしても構いません。またふるさと納税をした後に送られてくる返礼品から、納税する自治体を選ぶのもひとつの楽しみ方です。特に決められたルールはありませんので、応援したい街に納税して構いません。

自治体にとってのメリット

とあるアニメの舞台となった自治体が、そのアニメをモチーフにした商品をふるさと納税の返礼品にしたところ、前年比と比べて数億円を超える応募がありました。このように自治体にしてみれば、収益をあげる最良の選択になることがあります。街の活性化に繋がることになりますので、これからいろんな方策で、ふるさと納税を勧める自治体が増えると期待できるでしょう。それは納税する側にとってみれば、どんな返礼品が設定されるのかを想像する楽しみになるはずです。

ふるさと納税は、好きな場所に寄付をすることができます。寄付の金額に応じて、景品をもらうことができます。