包茎手術の種類と自分に合った選択の仕方を知ろう

自分の包茎をまず知ろう

大きく分けて包茎には3つの種類があります。仮性包茎と呼ばれ勃起した時に亀頭が露わになる種類と、常にどんな状況であっても被っている真正包茎、そして包皮の入り口が狭まっており、亀頭を締め付けるカントン包茎があります。特にカントン包茎は生活に支障が出る男性もいますので、治療しなければならないこともあります。基本的にはどの種類であっても手術で対応することができますが、クリニックによって行う手術に違いがあります。

手術にもいろんな方法がある

余っている包皮を切除する方法は古くから用いられていた包茎手術から、縫合する方法、また特別な接着剤を使って余っている包皮を固定するメスを使わない施術もあります。クリニックによって推奨される手術方法があり、また特別な技術を持っていないとできない手術もありますので、クリニックの特徴を掴んで選ぶことが求められます。安いから、近いからといった理由でクリニックを選んでしまうのは、失敗する可能性が高くなることを知っておきましょう。

自分に合った治療の選び方

基本はどの包茎にも対応することができますが、費用の面や見た目など気になることもあるでしょう。それをかなえてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。専門のクリニックであれば、無料カウンセリングを実施していることが多いです。無料カウンセリングを利用すれば、自分に合った施術方法がわかりますし、費用について把握できます。また複数のクリニックを受診することで、多様な意見を参考にして選ぶこともできるでしょう。

包茎手術のアフターケアが充実している泌尿器科については、多くの若い男性からの需要が高まりつつあります。